投稿

8月, 2017の投稿を表示しています

美肌にかかわるプロテインスコアに衝撃

イメージ
先日投稿したビタミンCの効果についてもっと知りたいと思っていたところ、分子栄養学なるものを知り、この本に辿り着きました。

肉食女子の肌は、なぜきれいなのか? 細胞から整える分子整合栄養医学のすすめ
Amazon.co.jpで詳細を見る

分子栄養学とは、個人の身体の状況に応じて不足している栄養素を補給し、病気を予防するというようなものだそうですが、この本では特に、肉を食べない事で起こる美容と健康への悪影響について書かれていました。

私はこれまで、タンパク質は大豆から摂ればいいと思い、肉は積極的に食べてきませんでした。ダイエット的な理由と経済的な理由で。

が・・・大豆に含まれるたんぱく質ではアンチエイジング的に問題があるようなんです。
というのも、肉に含まれるたんぱく質と大豆に含まれるたんぱく質では構成している必須アミノ酸のバランスが違っているのだそう。

その必須アミノ酸のバランスを「プロテインスコア」というのだそうです。

確かに大豆などの植物性食品にもタン白質は含まれていますが、プロテインスコアが悪く、特にメチオニンとリジンという必須アミノ酸の含有量が少ないのが欠点です。メチオニンは体内でタン白質を合成する最初の段階で必要とされるアミノ酸(開始アミノ酸)、リジンは美容にとって欠かせないコラーゲンの材料となるアミノ酸です。また、皮膚や髪の毛、爪などの材料として重要なアミノ酸に含硫というものがありますが、これも動物性タン白質に多く含まれています。
(P55-P56)
ちなみにこの本に載っているスコア表では、玉子が100で、サンマ96、豚肉90、鶏肉87、牛肉80、大豆は56となっていました。

また、菜食主義では、効率的に鉄分を吸収できる「ヘム鉄」が摂れないため、鉄分が不足してしまい、しわやたるみの原因になるのだそう・・・

といっても、野菜の替わりに肉を食えといっているわけではなく、マクロビ的な食事には動物性食品をプラスした方が栄養バランスが良くなるということです。

そういえば、友人の肉食女子は、実年齢より若く見えるし、お肌ももちもちしています。岩盤浴のせいだと思っていたけど、食生活も関係ありそうです。

若いころダイエットのことばかり考えていたせいか、お肉をしっかり食べることになんとなく抵抗があるのですが、このままだとお肌も髪もカサカサに干からびていきそうなのでちゃんと食べよう…

ペットボトル菜園日記 2017年春夏

イメージ
(※初回投稿5月12日)


これまでのまとめ
1回目の挑戦(サラダレタスミックス)直射日光で枯れる2回目の挑戦(サラダミックス・大葉・バジル)根腐れと日照不足?で枯れる3回目の挑戦(小松菜・大葉・バジル)根がしっかりするまでお茶パックに移植 → ペットボトルに移植 → 吸水用のコットンに赤カビ発生・マイクロファイバーに変更 → 今のところ順調
ペットボトル菜園に挑戦することにしました。
数年前にバーミキュライトとパーライトとピートモスを適当に混ぜた物で室内菜園をして、それなりにうまくいったのですが、収穫した後再利用できない(できるかもしれないけど、根っこを取り除くのがたいへん)ので、結局1年でやめてしまいました。ペットボトルで簡単に水耕菜園できることを知り、挑戦してみることに。

まずは、サラダレタスミックス5という、リーフレタスなどの種が5種類入ったもので試してみることにしました。

ちなみに、東側の出窓に置くので、日光は午前中しか当たりません。

4月14日  種まき 本やネットを参考に、スポンジに蒔いてみました。
よく売っている5個入り100円のスポンジの硬い部分をカッターで切り取って、3cm角ぐらいにカット。高さがよくわからなかったので、あえてバラバラにしてみました。中央に十字の切り込みを入れてそこへ種を5粒ずつくらい押し込みました。
上から水をかけて、水を張りました。水は切らさないように管理。



芽が出るまで乾かないように新聞紙を被せてみました。




4月24日 本葉が出てきた 4日ぐらいで発芽し始めて、10日ぐらいで本葉が出始めました。
スポンジの高さはあまり関係なかったみたい。





4月25日 ペットボトルプランターを作る 水耕栽培用プランターを作りました。
2Lのペットボトルの側面に、直径5.5cmぐらいの穴を3つ開けて、500mlのペットボトルをカットしたものを挿し込みました。わかりにくいですが、下の写真の手の上あたりに、水をそそぐ用の穴も開けています。水を入れ替える時は、ペットボトルの蓋を外して水を捨てて、蓋をしてからこの穴に水+液肥をそそぎ入れる予定。



写真ブレブレですが、アルミホイルで上側を覆ってみました。藻対策です。


苗を移植 苗のスポンジを500mlのペットボトルの口に押し込んで固定。その際、根はちゃんと口から引き出しておきます。その後、ハイ…