投稿

7月, 2017の投稿を表示しています

ビタミンCで老化の速度に差がつくらしい

イメージ
※初回投稿2017年7月21日


先日見たNHKの某健康番組で衝撃を受けました。
ビタミンCの摂取量で老化スピードに差が出てくるのだとか。
→ 若さの秘薬! ビタミンCの実力(http://www.nhk.or.jp/beautyscience-blog/)

半分に切って放置したりんごは酸化によって茶色く変色してしまうけれども、ビタミンCに漬けておいたりんごは6時間経ってもまったく変化しない。これと同じようなことが人の細胞でも起こるんだとか。

番組内の実験で、尿中の8-OHdGという体内の酸化度を示す数値が、ビタミンC1000mgを接種後、ほんの1時間で大きく変化(改善)していました。こんなにすぐに体に変化が起きるなんて衝撃。。ポリフェノールや他の抗酸化物に押されがちなイメージがあるけど、やっぱりビタミンCってすごいんだなあと実感。若さを保つためには1000mg/日を目標に摂るべし、とのこと。

ただ、不要なビタミンCは尿から排出されてしまうので、摂りだめができないのと、食事から摂れる量が限られているのが難点。。調理法によっては流れたり壊れたりしてしまいます。
そこで推奨されていたのが煎茶なのですが、これは茶葉も食べる場合の話。茶葉を毎日料理に使うのは考えられないし、煎茶1杯飲むだけでは6mg程度しか摂取できない模様。1000mgなんて気が遠くなる話です。

プロオキシダント効果?そこでサプリに頼ろうかと思ったのですが、高容量のビタミンCを摂取すると逆に活性酸素を発生させてしまう「プロオキシダント効果」が起こるとの情報を目にしました。
気になって調べてみたところ、こんな記事を発見。
特定の条件下では、ビタミンCは酸化的損傷に関与する可能性を持つプロオキシダントとしての役割を果たす[8]。いくつかのin vitro試験では、経口サプリメントから摂取されたビタミンCがプロオキシダントとして働き染色体やDNAの損傷を引き起こし、おそらくはがんの発症の原因となることが示唆されている[8,87,88]。しかし、他の研究では、ビタミンCの高摂取による酸化的損傷の増加やがんリスクの上昇は示されていない[8,89]。※ビタミンC | 海外の情報 | 医療関係者の方へ | 「統合医療」情報発信サイト 厚生労働省 「統合医療」に係る情報発信等推進事業(http://www.ejim.ncgg.…

お弁当の汁もれ対策にもビドフィックス

イメージ
手作りドレッシングに、ビドフィックスという粉を入れてとろみをつけています。
グアガムという100%天然原料の増粘剤とブドウ糖から作られたもので、液体に加えて混ぜると、とろみが付きます。水に溶かさずにそのまま投入するところと、冷たいものにも使えるという点が、片栗粉と違います。



食品添加物 ビドフィックス グァーガム製材 50g Amazon.co.jpで詳細を見る
この特徴がお弁当に大活躍。
和え物や、汁気が気になるものに少量振り入れて混ぜておくと、とろみが付いてドリップ防止になります。

こちらは以前投稿した写真の使いまわしですが、青菜の和え物です。オイスターソースとごま油とビドフィックスを混ぜています。


ナスの甘辛煮とか・・・


牛しぐれ煮なんかにも絡めておくと安心。


ただし、入れすぎると食感がおかしくなるので、水分はなるべく切って、少しだけ絡めるといい感じです。
また、加熱してとろみをつける場合でも、水で溶かなくていいので片栗粉よりお手軽です。

水分が飛ぶまで煮絡めてもいいけど・・・


パパっと振りかけて時間短縮。


少ないタレでもとろみをつけやすいので、お弁当のような少量の料理に向いていると思います。


食品添加物 ビドフィックス グァーガム製材 50g Amazon.co.jpで詳細を見る
※ちなみにこの商品、販売元のJhcジャパンホームメイドケーキチェーンさんの実店舗でも買えます。なんばCIYT南館のすぐ近くです。送料分だけお安く買えます。400円ぐらいだったと思います。(最後に行ったのが1年前なので情報が古かったらごめんなさい。。)
→http://www.kk-awajiya.net/fs/jhccake/c/nanba(Jhcナンバ店のご案内|お菓子 パン レシピ 講習| JHC CAKE CLUB | アワジヤ)

こちらの記事もどうぞ
手作りドレッシングにとろみを付ける(グアーガム製剤) 冷たいものにとろみを付ける『ビドフィックス』活躍中

洗濯物の消臭に、ニトムズのデオラフレッシュを使ってみた

イメージ
愛用していたレノアの消臭ビーズ。(以前の投稿記事はこちら
消臭効果もあるし、香りも嫌いじゃないし、いい商品だと思たのですが、コスパがいまいち・・・
開封直後は香りがきついので、規定量より少なめに入れますが、だんだん香りが薄くなってくる(ような気がする)ので徐々に増やしていくと、ひと月もたない。。。下手したら半月程度で使い切ってしまう。。。
普通の柔軟剤に比べたらお値段も高価なので、なんだかもったいない気がしてきて替わりのものを探していたのです。

そこで見つけたのがこれ。
ニトムズのデオラフレッシュです。
結構前からあるもののようですが、存在を知りませんでした。



ニトムズ 【部屋干しのニオイ、消臭・除菌! 】 デオラフレッシュ お徳用60回分 顆粒タイプ 360g N2050
Amazon.co.jpで詳細を見る

これも洗剤と一緒に入れる顆粒タイプです。
消臭専用なので柔軟効果はありません。
成分はわかりやすく「緑茶抽出物」と「竹エキス」のみ!
香り成分も入っていません。
洗濯物1kgあたりの使用量で比較すると、レノアの消臭ビーズの3倍以上もちます。



開けてみると独特の香りがします。はっきり言ってくさいです。この臭いが洗濯物につくの?と思うと躊躇してしまうレベルです。



が、思い切って使ってみると、本当に無臭になります。香り成分が入っていない分、誤魔化しがきかないので実際の臭いがよくわかります。
たっぷり汗がついたTシャツも靴下も、ほぼ無臭です。

※ただし、塗れたまま一晩置いておいたゴツめのスポーツタオルは、よく嗅ぐと微妙に臭う部分がありました。明らかにヤバそうなのは、タライか洗面器に入れてお湯を掛けてから洗うと失敗ないと思います。。。

※いくら消臭効果があると言っても、洗濯槽が汚れていたり、お風呂の残り湯で濯ぎまでしてしまうと、いまいち効果は感じられないかもしれません。ちなみに、洗濯槽の掃除には過炭酸ナトリウムがおススメです。1kgで2回使えます。
過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤) 1kg Amazon.co.jpで詳細を見る

こんなに画期的な商品なのに、なぜかあまり市販で売られているのを見かけません。
よく行くドラッグストア数件回ってみましたが、見つけられず、Amazonで買いました。

柔軟剤の香りも消してしまうから人気ないのかな?
今柔軟剤を使っていないので試せていませ…

桃の葉ローションを抜け毛予防に使ってみる

イメージ
先日の投稿で、桃の葉ローションの有効成分の「グリチルリチン酸ジカリウム」について検索していたら、「育毛」というワードとともに検索されていることに気が付きました。
どうやら育毛剤よく使われてる成分のようです。

毛髪が健康に育つためには頭皮が健康である必要があり、グリチルリチン酸ジカリウムの「抗炎症作用」「抗アレルギー作用」「殺菌作用」が育毛によい頭皮環境を整えてくれるとのこと。
このページに詳しく載っていました。
グリチルリチン酸ジカリウムが毛髪に与える影響とは? |アンファースカルプDボーテ公式サイト

グリチルリチン酸ジカリウムの他にも、皮膚の修復を助ける効果があるアラントインや、昔から湿疹対策に使われていた桃の葉エキスも入っています。
先日の記事に書いたように、太ももの炎症に使い始めてからすっかり気に入ってしまい、今ではお風呂上りに全身に使っているのですが、頭皮にも塗ってみることにしました。

夏の終わり頃から秋にかけて髪の毛がごっそり抜けるので、その対策です。
暑い時期は毎日髪をくくっているので、蒸れて頭皮環境はかなり悪いと思うのです。
それを少しでも改善できればと。
ホルモンバランスが崩れ始める年ごろなので、それが原因ならどうしようもないんですけどね。。

さらさらのローションで、そのままだと頭皮に塗りにくいので、キュレルの頭皮ローションの空き容器を使うことに。上の写真の右側がそれです。
(もともと入っていたキュレルの頭皮ローションは、去年の冬に使っていました。グリセリンが多めのような印象で、結構べたつく感じがしました。夏場は痒くなりそう。)

バシャバシャ使っていたらあっという間に残りわずかになってしまったので、4本入りを追加購入。
1本あたり400円強。安い!



薬用新アセモンP 180ml×4本セット ヒラマツ商事
Amazon.co.jpで詳細を見る
こちらの記事もどうぞ
足に謎の斑模様が出現。桃の葉ローションを使ってみた。 自転車でも脱げない、蒸れない、シンプル帽子を買う