投稿

7月, 2012の投稿を表示しています

豆鼓を使ってみた①-ゴーヤと豚肉の豆鼓炒め

イメージ
人気の中国おかず―プロの簡単ワザがいっぱい! (別冊NHKきょうの料理)
に載っていたものを参考に作ってみました。

にんにく、しょうがのみじん切りと、豆鼓の粗みじんで香りを出し、
ゴーヤをスライス&下茹でしたものと豚ももスライスを炒めて、
紹興酒、しょうゆ、砂糖、中華スープの合わせ調味料で味付けします。
豚肉には塩、砂糖、紹興酒、片栗粉を、あらかじめもみこんでおきます。

ちなみに、本では豚肩ロースを使ってあったのですが、
豚モモのスライスが冷蔵庫に残ってたのでそちらで代用しました。
ゴーヤは塩を振って30分置いた後、水洗いして水気を拭く、となっていましたが、
苦味をやわらげたかったので下茹でしてから炒めました。



実は今回初めて豆鼓を使いました。
前から使ってみたくて近所に何軒かあるスーパーで探してたんですが、
どこも扱ってないんです。
たまたま入った奈良西大寺駅構内の成城石井で見つけました。
うれしい♪

で、さっそく豆鼓を使ったレシピを探して作ってみたんですが・・・
ちょっと苦味があって、何だか赤味噌みたいな感じ?
赤味噌と言えば、使いきれなくて冷凍保存しているものがまだあるんですが。。
豆鼓。使いこなせるだろうか。。


ユウキ食品さんのサイトに、この豆鼓を使った「四川風麻婆豆腐」のレシピを発見!
http://www.youki.co.jp/recipe/china/c057.html
今度作ってみよっと。


きゅうりのナンプラー炒め

イメージ
最近きゅうりが安くなってきて、つい買いすぎて余り気味。。
そんな時、一気に消費できます。
ポリポリといくらでも食べられます。

きゅうり・・・1本ナンプラー・・・大さじ1弱にんにくじょうゆ(またはふつうのしょうゆ)・・・小さじ1弱赤唐辛子の輪切り・・・少々ごま油・・・少々かつおぶし・・・お好みできゅうりを乱切りにします。フライパンにごま油を熱し、赤唐辛子、きゅうりを入れ、弱めの中火できゅうりに火が通るまで焼きます。ナンプラーを回し掛けし、にんにくじょうゆも加え、ひと混ぜしたらできあがり。お好みでかつおぶしを乗せてもおいしいです。

カジポックム(なすと豚肉の甘辛炒め)

イメージ
みんなのきょうの料理より、ジョン・キョンファさんのレシピを参考にさせていただきました。
[なすと豚肉の甘辛炒め(カジポックム)] 料理レシピ|みんなのきょうの料理

レシピではパプリカも使ってあったけど、
高かったから今日は普通のピーマンだけで。
最近ピーマンが安くなってきて、パプリカを買う勇気がなくなってきました。。

ナス、ピーマン、たまねぎをさっと揚げてから、
豚と炒めて合わせ調味料で合えるだけ。
調味料は、コチュジャン/しょうゆ/砂糖/酒/酢/白すりごま/すりおろしにんにくを混ぜたものですが、
あまり辛くすると夫が怒るので、
コチュジャン:味噌=3:2ぐらいの割合にして、
みりんと砂糖を追加してみたら、うちではちょうどよい辛さになりました。

簡単でおいしかった!
合わせ調味料を多めに作っておいたら、
何かと使えそうです。

大根とカニカマのサラダ(タイ風サラダ)

イメージ
前回のガパオの記事に引き続き、
タイの台所オンラインショップ」さんのサイトを参考に、
大根とカニカマのサラダをつくってみました。
大根とカニカマのサラダ « タイ料理レシピ (タイの台所) 

大根の千切りと裂いたカニカマと万能ネギを、
ナンプラーとレモン汁とチリパウダーで和えるだけなので、超簡単!
あっさりしておいしかったです。

ナンプラーってあんなに臭いのに、食べたらなんでこんなにおいしいんだろ。

そういえばこの前テレビで、
カニカマが「SURIMI」として世界的に食べられている、
という話題が取り上げられていました。
練りモノ好きの私にとっては、何だかうれしい。。(。・_・。)

ガパオ(鶏ひき肉のバジル炒め)

イメージ
タイ料理のレシピって、
近所のスーパーで手に入らない調味料をよく使ってあるので、
なかなか手が出せなかったんですが、
家にあるもので作れるレシピを見つけたので作ってみました。

ガパオ(鶏ひき肉のバジル炒め)です。
レシピはこちらの「タイの台所オンラインショップ」さんのサイトより。
鶏ひき肉のバジル炒めそぼろご飯 « タイ料理レシピ (タイの台所)
他にもおいしそうなレシピがたくさん載ってます。
便利なサイト見つけたぞ。ウヒ♪

レシピにはなかったけど、パプリカを入れてみようと思ったのですが、
売り切れていたのでピーマンを3個細切りにして入れました。

ナンプラーの旨みとバジルの香りでとてもおいしかったです!

ちなみに、今手元にある、
伊藤忍のやみつきアジアごはん ピリ辛&スパイシー編」のガパオのレシピでは、
シーズニングソースとシーユーダムが使われています。
どちらもタイの大豆しょうゆだそうで、これを入れるとコクがでるのだそう。
使ってみたい!


今読んでるアジア料理の本です。
これからの季節にぴったりのピリ辛料理満載です。
眺めているだけでよだれが出ます。

伊藤忍のやみつきアジアごはん ピリ辛&スパイシー編 伊藤 忍
Amazon.co.jpで詳細を見る


オイスターソースとしょうが風味の炊き込みご飯

イメージ
一緒に作ったセロリの炒め物を中華スープで味付けしたいので、
それに合わせるために、炊き込みご飯をほんのり中華風にしてみました。

パン・ウェイさんのこちらのレシピと、
ちまき風炊き込みご飯|みんなのきょうの料理
こちらの本を参考にさせていただきました。
中華のシンプルレシピ (オレンジページムック)の「中華風炊き込みご飯」のページ。

(※ただし、あっさりめにしたかったので、具も調味料も大幅に変えています。
和:中華=3:2ぐらいの雰囲気でしょうか?)


米3合にんじん・・・1/2本うすあげ・・・1枚干し椎茸・・・3個きくらげ・・・1枚ごぼう・・・1/3本しょうが・・・1片下味
醤油・・・大さじ1みりん・・・大さじ1/2調味料+スープ
オイスターソース・・・大さじ1醤油・・・大さじ1塩・・・小さじ1/3紹興酒・・・大さじ2黒砂糖・・・小さじ1・1/2中華スープ・・・200ml(※お湯200ml+味覇小さじ1弱)
中華スープ +干し椎茸の戻し汁 +  調味料
・・・全部合わせて580mlにする。足りない分は水を足す。
米は炊く30分前に研いでざるにあげておく。
干し椎茸は水で戻して千切りに。戻し汁は取っておく。
きくらげは水で戻して千切りに。
ごぼうはささがきに。
うすあげは塗らしたキッチンペーパーでくるんで30秒~1分ぐらい加熱後、表面を拭いて細切りに。
にんじんはせんぎりに。
しょうがもせんぎりに。具材を全てボールに入れ、下味の醤油とみりんで和えておく。炊飯器に米を入れ、調味料+スープを注ぎ、具を乗せて普通に炊く。 (↓※土鍋の場合↓)
土鍋に米を入れ、調味料+スープを注ぎ、具を乗せて中火にかける。沸騰したら弱火にして10分。※すぐに弱火にしないと焦げすぎてしまいます。火を止めて20分蒸らしたらできあがり。
いつもの炊き込みご飯に比べて味自体ははそんなに変わりませんでした。
結構変わると思ったんですけど。。
ただ、中華スープ+オイスターソースでコクアップ、
しょうがと紹興酒の香りで、
お、なんかいつもとちょっと違う?
という感じになりました。

今度は、もち米&豚肉を使った「ちまき風炊き込みご飯」に挑戦してみたい!

セロリとゴーヤと豚肉の炒め物

イメージ
残り物のセロリとゴーヤを使って。
クセのある野菜2種、大丈夫かな、と心配しつつ作ってみましたが、
意外に大丈夫でした。
ゴーヤは最初に塩もみしてゆがいておいたせいか、苦味が気にならず、
セロリの風味がメインでした。

2人分

豚薄切り・・・100gセロリ(葉付き)・・・2~3本ゴーヤ・・・大サイズ 1/3ぐらい
調味料
しょうゆ・・・大さじ1酒・・・大さじ1中華スープ・・・大さじ2塩・こしょう・・・少々
ゴーヤは種を取り、薄く切って塩を振り、しばらくおいた後軽くゆでる。セロリは食べやすい大きさに切り、茎と葉を分けておく。しょうゆ、酒、中華スープは混ぜておく。フライパンに油をひき、セロリの茎を炒めて取り出す。再び油をひき、豚を炒める。肉の色が変わったら、セロリを戻し、ゴーヤ、セロリの葉も投入。塩、こしょう、混ぜておいた調味料で調味。
ポリポリセロリおいしかった。
セロリもゴーヤも豚肉と合わせるとおいしい♪

チーズ入り野菜コロッケ

イメージ
2~3人分
じゃがいも(男爵)・・・3コにんじん・・・1/2本玉ねぎ・・・1/2個コーン・・・1/2パック(100gぐらい?)にんにく・・・1片チーズ・・・お好きなだけ
(今回はスライスチーズ(チェダーとモッツァレラ)を計3枚使いました)卵・・・1個小麦粉・・・適量パン粉・・・適量バター・・・10g塩・こしょう・・・適量じゃがいもは洗って皮ごとラップに包み、つまようじがすっと刺さるまで電子レンジにかける。
(我が家のレンジの場合、500Wで3コ10分弱でした)
柔らかくなったら、触れるぐらいまで少し冷まし、熱いうちに手で皮をむき、つぶしておく。にんじん、たまねぎ、にんにくはみじん切りにする。
コーンは水気を切っておく。フライパンにバターを入れて熱し、にんにくのみじん切りを投入。玉ねぎ、にんじん、コーンをしんなりするまで炒め、軽く塩、こしょうする。つぶしたじゃがいもを加え、水分を飛ばしながら混ぜる。火を止め、チーズを細かくして入れ、塩、こしょうで味を調える。丸めて、小麦粉、溶き卵、パン粉を順に付け、180度ぐらいで表面がカリっと色付くまで揚げたらできあがり!
最近スパイシーな料理ばっかり食べてたので、
とてもやさしい、ちょっと懐かしい感じのお味でした。

イングリッシュマフィンでブルスケッタ

イメージ
HB+ホットプレートで作って冷凍しておいたイングリッシュマフィンを
解凍して横半分に切ってトーストし、
落合シェフのケッカソースのを乗せました。

ケッカソース|みんなのきょうの料理

混ぜるだけの超簡単なのに本格的な味!

フルーツトマトではなく、普通のトマトで作ったので、
レシピ書いてあったように、はちみつをちょこっと入れました。
入れすぎたのか結構甘くなってしまったので、
スパゲティには合わない感じはしましたが、
パンに乗せるとおやつ感覚でおいしかったです!

ちょいちょい作ろう♪


ゴロゴロお肉のボロネーゼソース

イメージ
Youtubeでこんな動画を見つけました。
スパゲッティ・ボロネーゼ(ミートソース・スパゲッティ)

お肉の食感をしっかり味わうため、
ひき肉をハンバーグ状に丸めて、
ハンバーグを焼くみたいに焼き色を付けてから、
ヘラでざっくり切り分けて煮込む、という作り方をされています。

今までしっかりバラバラに炒めていた私にとってはかなり衝撃でした!
これはかなり肉肉しくておいしそう!

というわけでやってみました。

ただし、この動画のスパゲティはお肉がメインなので、
野菜もトマトもあまり使っておられない様子。
それも魅力的なんですが、今日は野菜をしっかり食べたいので、
たっぷり入れて、しっかり煮込みました。
(ちなみに、この動画のレシピはこちらのようです(たぶん):http://www.worldpastaday.jp/barilla_recipe.html)


ボロネーゼソースのレシピ(3人分ぐらい。2人では多かったです)

合いびき肉・・・300g玉ねぎ・・・大1/2にんじん・・・1/2本セロリ・・・1/2にんにく・・・1片ホールトマト・・・1缶赤ワイン・・・100cc牛乳・・・100ccオリーブオイル・・・大さじ1顆粒コンソメ・・・小さじ1乾燥バジル・・・小さじ1乾燥オレガノ・・・小さじ1/2塩・・・小さじ1/2+αこしょう・・・少々
玉ねぎ、にんじん、セロリ、にんにくはみじんぎりにする。ひき肉は軽く塩コショウを混ぜて、ハンバーグみたいに丸める。フライパンを火にかけて、オリーブオイルとにんにくを投入。香りを出す。みじん切りの野菜を投入。しんなりするまで炒める。野菜をフライパンの端に寄せて、ハンバーグ状のままひき肉を投入。両面にじっくり焼き色を付ける。途中何度か移動させて、出てきた肉汁を野菜にからめながら炒める。ひき肉に焼き色が付いたら、ヘラでざっくり切り分ける。赤ワインを投入し、混ぜる。具を端に寄せ気味にしてホールトマトを投入し、つぶしながら混ぜる。牛乳、コンソメ、バジル、オレガノ、塩、こしょうを投入し、混ぜる。蓋をして、弱火で1時間ぐらいじっくり煮込む。途中水分がなくなってきたら水を足す。最後に味見して塩が足りなかったら足す。
肉肉しいボロネーゼソースができました!
パスタにからめて頂きました。
おいしかった!


お気に入りのゴーヤーチャンプルーレシピ

イメージ
もう何度も利用させてもらっているゴーヤーチャンプルーのレシピ
drk7.jpさんのこちらのページです。
http://www.drk7.jp/MT/archives/001085.html

ゴーヤと豚バラを下ゆでしてから炒めるところが気に入っています。
あと、スープものお味もおいしい!
中華スープをウェイパーで作るときの分量も載っているので
そのとおりに作っています。

あ、鰹節を振るの忘れてる!
今写真を見て気が付きました。
まあ、なくてもおいしかったけど。

これからゴーヤが安くなる季節ですね。
ガンガン作るぞ。

ただ、立派なゴーヤは2人で一度に食べきるにはちょっと多いんです。。
今回は1/3程切り分けてラップ保存しているんですが、
それをおいしく頂けそうなサイドメニューを発見しました。
ゴーヤーとツナのおろしあえ|きょうのみんなの料理

陳建一さんのレシピです。
これはなかなかおいしそうですよ。
今週中に作ってみよ。