投稿

8月, 2011の投稿を表示しています

にんじん入り全粒粉くるみパン

イメージ
只今11:00pm
たった今焼きあがりました♪


以前書いた朝食用健康ブレッドのにんじん入りバージョンです。

なんでこんな時間に焼いているのかというと、
以前はタイマーで朝焼けるようにしていたのだけど、
4時ごろ「こね」が始まってガタガタいうので
もしかしてマンションのお隣さんに迷惑じゃない??
って5年も経ってから気付き(おそっ)、
前日焼くようにしているのです。

では、
「にんじん入り全粒粉くるみパン」のレシピ
(おお!こうやって読むとなんかめっちゃ健康そうだ)
強力粉・・・220g全粒粉(またはライ麦粉)・・・30gすりおろしにんじん・・・50gバター・・・10g砂糖・・・20g弱塩・・・5gドライイースト・・・3g牛乳・・・70ml水・・・80mlくるみ・・・ナッツケースいっぱいくるみ、イーストは所定のポケットに
それ以外をパンケースに放り込み
スイッチON。

ほんのりにんじんの甘みがあって、
少ししっとり感もあり、おいしいですよん♪

ちなみに、にんじんをいちいちすりおろすのが面倒なので、
フードプロセッサーでまとめてすりおろし、
50gずつラップに包んで冷凍保存してます。
めっちゃ便利♪


(※こちらの記事は、前のブログ「Do-It-Yourself 実践日記」からの引っ越し分です。)

こちらの記事もどうぞ
全粒粉入りパンにもモルトパウダーモルトパウダーはすごかった(HBでフランスパン)くるみパンでキャラメル風味のフレンチトースト

ベランダ菜園2011夏 終了します

イメージ
おととい収穫したゴーヤとミニトマト。

ちっちゃ!
これは、ザルが大きいわけではありません。
ゴーヤの全長15cmぐらい。
大きくなるのを待っていたら黄色くなってきたので収穫しました。

のこりの4本のゴーヤたち。

どこにいるかわかりますか?なんかそれっぽいのがいるでしょ?
これももうこのまま黄色くなりそうなので、近々収穫します。

頼みの綱のミニトマトも、結局小さくて硬いのが全部で20~30個ぐらい。
今回最後の収穫となりました。

と、いうわけで終了しまーす。

我が家の今夏のしょぼしんぐファーム、途中盛り返しかけたのに、
結局しょぼいまま終わってしまいました(涙)
一番活躍したのはカイワレ大根だったな(汗)

さ、気を取り直して秋に向けて準備しますよ♪
去年蒔き時期を間違えた三寸にんじんの種を、
9月半ばまでには蒔きたいと思います!

こちらの記事もどうぞ
三寸にんじんは無残な姿にかいわれ収穫室内栽培のその後の様子-その1(12/5/18)

たまねぎの皮&コーヒー染めに挑戦

イメージ
この前ストライプのYシャツで裂き織りランチョンマットを作ってみて
柄がイマイチ出なかったので、
染めてから再チャレンジしようと思いまして、
せっせと玉ねぎの皮とコーヒーの出がらしを溜めておりました。
そこそこ溜まったので、これを使って染色にチャレンジします!



着なくなったもう一枚のYシャツをバラバラに。
これを半分ずつ染めたいと思います♪
玉ねぎの皮とコーヒーの出がらしをだしパックに。
では、まずは玉ねぎの皮から行きますよ~♪
ステンレス鍋に水を入れて玉ねぎの皮を投入。
中火にかけ、沸騰後、弱火で10分ほどぐつぐつ。
すごい色になってきた~
ケンエー 焼ミョウバン。サンドラッグで100g189円。
色を定着させる媒染剤として使います。
玉ねぎの皮を取り出して、この焼ミョウバンを入れます。
分量がよくわからないので、小さじ1弱ぐらい入れました。
布を広げながら投入。
※今回忘れてましたが、先に水に浸して絞ってから投入すると、ムラになりにくいそうですよん
※あと、お湯の温度は30℃~40℃ぐらいに冷ましてから投入した方が、縮み防止、ムラ防止になるそうです。
今回は裂き織りに使うので、縮み、ムラ、むしろ歓迎。

中火にかけ、沸騰したら弱火で5分ほど煮て、30分ほど、時々かき混ぜながら放置・・・
(※手で触っても大丈夫なくらい冷めるまで放置するのが正解らしいです。後で知った・・・)

その後、水で色が出なくなるまで洗います。
わお♪黄色くなってる~!
同じ工程を次はコーヒーの出がらしで。
ありゃ。全然染まってない
(。◕ฺˇε ˇ◕ฺ。)

軽く脱水して陰干し。
できました~♪
コーヒーの方は期待通りに染まらなかった。。。
若干ベージュって感じ?
煮出し時間が短すぎたんかな?
それとも分量が足りなかったのか。
またそのうち再チャレンジしよっと。

これを布糸にして裂き織りをやります~

やってみました。

DIY・クラフトの記事一覧へ

誰でもできる草木染めレッスン 箕輪 直子
誠文堂新光社
Amazon.co.jpで詳細を見る


こちらの記事もどうぞ
Yシャツで裂き織り-その1
(11.7.23)
麻ひもでネットを作る
(11.8.3)
今度はアルミワイヤーで
(11.8.18)

くるみと全粒粉入り食パン

イメージ
6~7年前職場の先輩に教えてもらって即買したホームベーカリー。


それ以来せっせと毎朝のパンを焼き続けてくれている。

ほとんどずっとシンプルな普通の食パンばかり焼いていたのですが、
年を重ね、夫婦共に体力の衰えを感じ始めた今日この頃。
やっぱり基本は「食」だな、と朝ごはんを見直すことに。

よし。パンに色々入れてみよう。
くるみはどうかな?

「くるみには抗酸化物質がたっぷり!」

だと。
しかも、

「ビタミン類、繊維質、オメガ3脂肪酸のすぐれた供給源!」

いいことずくめではないですか。
もしや、くるみを毎日食べ続ければ老化を食い止められるのか。

買いました。くるみ。1キロ×2袋

ホームメイドショップKIKUYAさんにて。

これをナッツケースいっぱいに。


ついでに全粒粉やライ麦なども入れてみよう。
白パンより栄養価高そうだし。

というわけで、くるみと全粒粉入り食パン



ちょっとゴワっとするけどこれはこれで香ばしくておいしい。
くるみも入ってるし白パンより腹持ちいいかも。
なんせアンチエイジングができるのですからね。
ふんわり食感は二の次ですよ。
飽きるまで続けるゾ。

強力粉・・・220g全粒粉(またはライ麦粉)・・・30gバター・・・10g砂糖・・・20g塩・・・5gドライイースト・・・3g(付属の小スプーン 1)牛乳・・・70ml水・・・120mlくるみ・・・ナッツケースいっぱい(適当な大きさに砕く)
(※こちらの記事は、前のブログ「Do-It-Yourself 実践日記」からの引っ越し分です。)


こちらの記事もどうぞ
全粒粉入りパンにもモルトパウダーモルトパウダーはすごかった(HBでフランスパン)HBでナンを作ってみる

今度はアルミワイヤーで

イメージ
前回鉄ワイヤーでかごを作ってみて、
硬すぎて辛かったので、今回はアルミワイヤーで。
今回も「ワイヤーワークス―ペンチ1本でかんたん手作り」を参考に。
ミニざるを作ります。

使用したのはこちら。

アルミワイヤー 1.5mmと2.5mm。お決まりのダイソーにて。
2.5mmの方を縦軸にして、1.5mmを巻きつけていきます。

2.5mm×5本を中央でくくり、放射状に。

うち1本に1.5mmをU字で止め、上から縦軸にかぶせるように巻きつけていきます。
ぐるぐるぐるぐる。巻き巻き。
底の大きさになったら、縦軸をカーブを付けて立ち上げ、
さらに巻き巻き。


最後は2.5mmで口の部分の大きさに合わせてわっかを作り、
縦軸をわっかにキュッと止めて行きます。
完成~♪

いや~。鉄ワイヤーに比べたらアルミはもう粘土ですね。
簡単に曲がるので気持ちよく巻き巻きできました。
その分実用性がないのかな?
この前買ったペンキでこげ茶に塗ってみました。
水で少し薄めて、ドライヤーで乾かしながら重ね塗りするといいみたい。

次はワイヤーを軸に麻ヒモを巻きつけたりしてみようかな。

DIY・クラフトの記事一覧へ
こちらの記事もどうぞ
麻ひもでネットを作る
(11.8.3)
蘇った白い革の鞄
(12.5.24)
裂き織りリベンジ
(11.7.13)

ワイヤーかごに色を塗る

イメージ
先日作った鉄ワイヤーのかごに色を塗ります。

これに塗ります。
ダイソーにて塗料を買います。
絵の具のコーナーでアクリル絵の具を買うか、
補修剤のコーナーで工作用ペンキをを買うか
迷った挙句、内容量の多さで工作用ペンキにしました。

ブラックとブラウンを1:1で混ぜてこげ茶にします♪

塗りました!こげ茶というよりほとんど黒。ま、いっか。
ミイを入れてみた。
ちょっとかわいくなるんちゃうん♪?と思ったけど

全くだめですね。
やはりグリーン頼みですか。

出来はともかくとりあえず完成~♪
次はアルミワイヤーで作るゾ!

作ってみました。

DIY・クラフトの記事一覧へ
こちらの記事もどうぞ
今度はアルミワイヤーで
(11.8.18)
しつこく裂き織りコースター
(11.7.17)
染めたYシャツで裂き織り
(11.9.1)